普段使うハイクラスなものを選ぼう

実際に盛り上がった景品

私は何回か結婚式の二次会に参加させていただいたことがありますが、今までで一番盛り上がった結婚式の二次会の景品はディズニーランドのペアチケットです。どのチームも本気を出して取りに行こうとめちゃくちゃ頑張ったので、ゲームがより面白くなっていました。ゲームの内容は色々あったのですが、新婦(ドレス込み)と新郎の体重を足したら?というクイズだったと思います。
本当にみんな必死に考えていて、外れていてもとても楽しいくらいでした。もちろん当たってたらなお嬉しいでしょうが。それから、「お肉」というのもすごく歓声が上がっていました。もちろんその場にお肉を持って来ても持って帰れないのでギフトカードでしたが、お肉を嫌いな人ってなかなかいませんよね。何牛か忘れてしまいましたが、ブランド牛を用意されていました。
それは、ドリンクの早飲み競争だったのですが、みんな真剣な表情をしているからこそ、とても面白く、見ていてもすごく盛り上がりました。また、チームで頑張ってもらったから、このチームでまた集まりまってお肉を食べようという話にもなるのでとてもいい景品ですよね。もちろんグループの組み方を少しかんがえないと行けないのかもしれませんが。

身近な物のひとつハイクラスを選ぶ

以前景品に力を入れている結婚式の二次会に出席しました。当選したほうの本音としては商品券や食事券、旅行券など自分である程度自由にサービスを選べるものが嬉しいと思うのですが、その会では当選した方に賞品を渡す時のサプライズを演出したかったようで、とにかくサイズの大きなものがたくさん用意されていました。
ダーツセットや大がかりなボードゲーム、新郎と新婦の写真を印刷したパンチングバルーン(大きなビニールの起き上がりこぼしのようなもの)までありました。賞品を宅配便で送る手配までしてあれば幹事としては完璧ですが、そのような準備はなく、二次会が終わったあとも幹事の方たちは片付けや会費の集計などとても忙しそうで、当選した人たちはどうやって持ち帰るか悩んでいました。
商品券やカタログギフトなどは、実用性があっても味気がなく寂しいのは理解できます。そこで、普段使うもので、ひとつハイクラスなものを頂くと使うたびに新郎新婦のことも思い出しますし、引出しにしまい込むこともなく活用できて良いと思います。たとえば高級ペンや、レザーのペンケースなどは喜ばれると思います。その場では目録だけをお渡しし、名入れをして後日送付すればさらにステキです。その場が盛り上がれば会としては成功かもしれませんが、細かい気遣いや思いが込められたものが一番喜ばれると思います。

category

newslist

2017年08月23日
景品の渡し方にもこだわるを更新。
2017年08月23日
普段使うハイクラスなものを選ぼうを更新。
2017年08月23日
二次会専門のサイトも存在するを更新。
2017年08月22日
参加者を楽しませるためにはを更新。

calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031