参加者を楽しませるためには

二次会の景品の数と内容のバランス

以前ウェディングプランナーをしていた、現在主婦歴1年のものです。二次会に出席するたび、必ず行われるゲームですが、パーティによって、景品が全員に行き渡るパーティもあれば、上位10名まで。など、形式は様々だと思います。私も実際に、高い会費を払って、ゲームに参加したのに景品も当らず、何だか寂しい気持ちになって帰ったこともあります。少し、損した気持ちになる人も少なくないと思います。
ですが、このような状態になってしまうのは、少し仕方のないことでもあるのです。というのも、二次会は新郎新婦の二人ではなく、幹事が内容を決めていくのが大半だからです。二次会は幹事が進めてくれるものだと思っている人が多く、挙式披露宴は細かい気遣いが出来るのに、二次会では丸投げ状態。これでは苦情が出ても仕方がないです。
これから二次会を行う新郎新婦にアドバイスをするとすれば、内容は幹事にお願いしてもいいですが、二人の望むパーティをきちんと伝えておくこと、気遣いを忘れないことをお伝えしておきたいです。全てはバランスなので、景品の少ないパーティであれば、少し豪華なお見送り品を用意して会費を下げる、とか。会費は少々高いが、景品は全員に行き渡るようにするとか。足し算と引き算のバランスが取れていれば、出席者からのクレームも少なくなるのではないかなと思います。

二次会の景品について

二次会にもいろんな二次会がありますが、それをより一層盛り上げる方法が景品を配ることです。ビンゴだったり、参加者全員に配ったりと方法も様々ですが、やはら何か景品があるほうが参加者としては楽しむことができます。今は通販でセットで購入できるものもあるので、まとめて買うと金額的にもお得になりますし、選ぶのに困るほど商品の種類は豊富です。そんな中でもオススメの商品を紹介します。
まずは、電化製品やキッチングッズ、掃除用具です。これなら男女関係なく使えますから、貰っても困りませんよね。やはり使う人を選ぶものはなかなか喜んでもらえないので、無難な商品を織り交ぜていくことも大事です。値段は予算に合わせて選べるのも良い点です。他にもアウトドアグッズや、冬であれば暖房器具であったりブランケットなど、季節に合わせるのも手です。
あとは参加者に女性が多いのであれば、美容系の商品も喜ばれるでしょう。高いものだと美顔器、安いものだとハンドクリームやパックなどが女性からは喜ばれます。男性が多い場合だと、ゲーム機だったりアウトドアグッズなどを選ぶことが多いようです。幹事となると大変ですが、選ぶものによって参加者が楽しめるかどうかが変わってくるので、参加者の年齢や性別を考えて選ぶとより一層場が盛り上がりますよ。

category

newslist

2017年08月23日
景品の渡し方にもこだわるを更新。
2017年08月23日
普段使うハイクラスなものを選ぼうを更新。
2017年08月23日
二次会専門のサイトも存在するを更新。
2017年08月22日
参加者を楽しませるためにはを更新。

calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031